トップページ
Google
WWW を検索 日本共産党府議団サイト内を検索
議員おもな活動政策・見解議会活動府政資料リンク

2017年のおもな活動

*2017年2月*

■ 府市共同でインフラ整備 2017年度府当初予算案
 松井一郎知事は17日、2017年度の大阪府予算案と諸議案を府議会に提案しました。

■ 30人以下学級の実現など教育条件充実求め 28万人が請願
 30人学級をすすめる会や大阪の障害児教育をよくする会、子どもと教育・文化を守る大阪府民会議は17日、28万2700人分の請願署名を府議会に提出しました。

■ 福祉医療、原発事故被災避難者住宅支援で要望
 共産党府議団は8日、松井知事に対し、福祉医療費助成制度の患者負担増撤回を求める要望と、福島原発事故被災者への住宅支援の継続を求める要望を提出しました。

■子どもの貧困 実態調査中間とりまとめ
 大阪府は1月18日、子どもの貧困対策を目的に、府内30市町村の小中学生と保護者を対象に行った「子どもの生活に関する実態調査」の中間とりまとめを発表しました。

■ 福祉医療費助成制度の患者負担を増やすな
 障害者や高齢者の皆さんから府医療費助成制度の負担増と対案外しをやめてほしいと悲鳴が上がっています。

*2017年1月*

■ 「IR推進局」 設置方針確認 大阪府・市
 大阪府と大阪市は、カジノを中核とする統合型リゾート(IR)の誘致を推進するため、「IR推進局」を府市共同で設置する方針を確認しました。

■ チャレンジテスト中止を 「子の成長・学校教育歪める」/元校長・教頭ら61氏がアピール
 府の中学生「チャレンジテスト」について、府内の元校長・教頭ら61氏が31日、中止・再検討を求めるアピールを発表しました。

■ 医療費助成制度は障害者の命綱 拡充求め府庁周辺で訴え
 府内の障害者団体でつくる「大阪障害フォーラム」が24日、府庁周辺で障害者の「医療費知り捨て反対」とアピールを行いました。

■ 混迷深める府市の病院統合計画・住吉市民病院廃止/住民、医療関係者の声に耳貸さずに進めたつけ 医療審議会も問題あり
 大阪市立住吉市民病院を廃止、府立急性期・総合医療センターへの統合しようとする案が混迷を深めています。

■ 転落防止柵の設置を 辰巳議員ら 大阪外環状鉄道に要請
 2018年度末に開業を予定するJRおおさか東線新大阪―放出間各駅に、ホーム転落防止柵の設置などを求めて、日本共産党国会議員団、大阪府会議員団などは要望書を提出しました。

■ 府民の願いに背を向ける維新の会 65%を否決/子ども医療費負担引き上げないよう求める請願にも反対
 2015年4月の改選以降、府議会に出された請願は20件、いずれも府民の実な願いを反したものですが、維新の会は、このうち13件に反対しました。

■ 学童保育 常勤職員13% 待機児童469人 厚労省発表
 厚生労働省が17日に公表した昨年5月1日時点の全国の学童保育の実施状況によれば、全国の待機児童は1万7203人と前年比262人増となりましたが、大阪では162人減の469人でした。

■ 「チャレンジテスト」廃止・撤回せよ 署名2.2万人分提出
 問題だらけの大阪府の「チャレンジテスト」について、子どもと教育・文化を守る大阪府民会議は11日、廃止・撤回を求める2万2224人の署名(第1次分)を府教育庁に提出しました。

■ 医療費助成拡充こそ 改悪反対キャラバン始動
 共産党大阪府委員会は7日、子どもや障害者などの経済負担を軽減する大阪府の福祉4医療費助成制度の改悪に反対し、拡充を求めて府内を回るキャラバンをスタートさせました。

■ 府市一体路線で芽が出てきた開発路線-カジノや高速道路/松井知事会見 この間府民の暮らしや経済は悪化
 松井知事は4日の記者会見で、万博誘致問題、高速道路のミッシングリンク解消、なにわ筋線など「芽」が出てきたものを挙げました。

■ 「都」構想で財界に秋波 松井知事 「協力が不可欠」/公明党との連携 吉村市長が重視
 松井一郎知事は4日、大阪市内で開かれた府と大阪市、関西経済3団体主催の新年互礼会でのあいさつで、「大阪都」構想に言及し、関西財界に秋波を送りました。




   


トップページ | 議員 | おもな活動 | 政策・見解 | 定例議会 | 府政資料 | リンク
(C)日本共産党大阪府議会議員団
大阪市中央区大手前2丁目大阪府庁 TEL06(6941)0569 FAX06(6941)9179 メールjcp@gikai.pref.osaka.jp